背中ニキビ 治す方法

背中ニキビの意外な原因とは?!

背中ニキビ 治す方法

昔から顔にできるニキビには悩んでいましたが、数年前から背中にも赤いニキビが出来るようになってしまいました。
背中ニキビって夏になるとすごく目立ってしまうんですよね。
背中が開いた服を着ることが多いし、あと暑くて汗を大量にかくので、髪の毛をアップにすることも多いですから・・・。

 

背中ニキビが気になってからは、汗をかいたら出来るだけ着替えるなどして、ニキビをなくす努力はしてきました。
でもそれぐらいのことでは追いつかず、減るどころかますます背中一面に広がっていきました。

 

ここまでなってしまったら一度病院にいって見てもらおうと思い、会社の近所の皮膚科に寄りました。
そこで先生に言われたのですが、髪の毛の皮脂が服を着るときに背中に付着してしまうことが原因でニキビができるのではないかと・・・。
髪の毛の皮脂ってちょっとピンと来なかったんですが、可能性のあるものは全て試してみようと思い、その日から背中の皮脂を拭き取るために化粧水を付けることにしたんです。

 

普段顔に使っているものを、コットンにたっぷりとって背中に貼り付けたあとそっと拭き取ります。
1ヶ月くらいでしょうか?
化粧水での拭き取りを続けてからしばらく経つと、背中ニキビが全体的にマシになってきたんです。

 

この時初めて、やっぱり髪の毛の皮脂が原因だったのかと思いました。
でも服を着るときに髪の毛の皮脂が一緒についてしまうなんて思いもしませんよね。
それから更に化粧水でケアし続けること数ヶ月、今ではすっかり綺麗になって、ニキビ跡も残っていません。

 

背中ニキビ無しでツルツル背中!

 

夏といえば水着の季節ですよね!
それに水着以外にも、キャミや背中が大きくあいた服を着ることが多い夏。
実は背中って自分では見えづらいだけに、知らないうちにニキビが出来ていても気づかないこともあります。
彼氏や友達に指摘されて初めて分かるなんて恥ずかしいことも!

 

背中ニキビの原因って何なんでしょう?
色々とあるのですが、ちょっと原因別に分けて書いてみました。

 

まず汗ですね。
運動の後などの発汗後そのままにしておくと、毛穴を汗が塞いでしまって細菌が繁殖し易くなってしまいます。
背中の汗腺からは皮脂も分泌されていますので、それらを放っておかないで出来るだけ早く汗を流すか、新しいインナーに着替えることをお勧めします。

 

そしてアクネ菌の存在です。
これはニキビ肌に悩む人なら知らない人はいないでしょう。
毛穴にはこのアクネ菌がいて、汗や皮脂を放っておいたままだと急速にアクネ菌が増殖してしまいます。
すると毛穴が炎症を起こしてニキビをますます悪化させてしまうのです。

 

あと意外と見落としがちなのが、シャンプー・トリートメントのすすぎ不足です。
背中にトリートメントなどのすすぎ残しがあると、毛穴に成分が詰まってしまいニキビの原因になってしまうので、しっかりとしたすすぎを心がけましょう。

 

後は生活習慣もニキビに大きく関係しています。
夜ふかしや暴飲暴食などは肌のターンオーバーの機能を崩す原因になってしまうので、規則正しい生活が大切です。

 

最後に、肌が乾燥していると脳がもっと皮脂の分泌をする様に命令しますので、必要以上にオイリーになってしまい、毛穴の詰まりの原因になってしまいます。
ですので入浴の際は、あまり背中などゴシゴシとこすりすぎないことが大切です。

 

5